店長ブログ

越前三色

 こんばんは、岡崎葵メダカの店長、天野です。

 このブログを読んでくださっている皆様へ......

 覚えておいででしょうか?今年6月に私が妻とメダカ旅に出かけたことを.....。

 行先は福井県と京都でした。そしてめだかの訪問先は2件ですと書きましたが、実際にブログで紹介させていただいたのは1件だけでした。その時の旅のブログ、妻同伴のメダカ旅 その1 ~観光編~をご覧くださいませ。

 もう1件の訪問先はその時にはご紹介できませんでしたが、このたびご紹介させていただきます。

 メダカの名称は越前三色といいます。


37-2-6


 訪問先&作出者は池田さんです。

 福井県にお住まいのメダカ愛好家です。


37-2-10


 上の感じの飼育環境で7~8年前から、白黒のブチメダカを累代していくうちに、黄色の色素を持つ三色(池田さんは黄金色と呼んでいます)が誕生してきて、更に累代していった結果固定できたのが越前三色ということでした。


37-2-7


 他品種との交配は一切していなくて、純粋に累代していき、親メダカの選別、そして交配を繰り返していった結果画像のような三色を固定できたということでした。

 ヒカリ体型も生まれてきます。


37-2-8


 画像の4匹は今年の親メダカとして作出者の池田さんが選別した個体で、現在当店で産卵中です。

 私が越前三色を知ったきっかけは栗原さんでした。

 「ピーシーズの森さんのブログで掲載されている越前三色という非透明鱗三色のことは知っているか?」と教えていただき早速ブログを読んでみました。(株)ピーシーズのブログ、あけぼの、雲州三色、“越前三色”…非透明鱗三色のメダカたちの記事を是非ご一読くださいませ。

 記事を読んで興味を持った私は、池田さんに連絡を取ったところ、突然にもかかわらず快く訪問を受け入れて下さったのです。


37-2-9


 越前三色は現在、日本改良めだか研究所の深川さんも育種なさっっておいでです。


 池田さん自身もヤフオクにて越前三色の出品をする時がありますので、出品されたときには作出者自身のオリジナルメダカをゲット出来るまれな機会だと思いますよ!


 もちろん当店でも現在画像の4匹が産卵中ですから、成長が楽しみです!