INSTAGRAM

店長ブログ

今年見た素晴らしいメダカ その1 ~雲州三色~

 こんばんは、岡崎葵メダカの店長、天野です。


 久しぶりに気温が上がったので今日は三時過ぎてから屋外のメダカ達にもエサをやりました。もしかしたら今年最後かもしれませんね。

 早いもので今年も残すところ20日を切りました。そこで今日から数回はメダカ旅などで出会った今年特に印象深かったメダカを振り返ってみたいと思います。
 どれが一番などということではなく、出会った順番で行きたいと思います。


 最初は雲州三色です。

  雲州めだかの野尻さんが作出なさったメダカです。


200-1-3


 出雲ナンキンという金魚でも有名な方ですから、特に選別は私は初めて聞くような厳しいものでした。雲州三色は、だから世に出た時に高い評価を愛好家から受けたんだと思います。


31-3-1


 上2枚の画像のように金魚の飼育技術を生かした屋外水槽に何万匹という雲州三色が群雄している様子は圧巻ものでしたよ。


31-4-6


 非透明鱗三色という分類になるメダカの中ではあけぼのと並ぶ横綱級のメダカだなぁ、って思ったことでした。


31-3-5


 上の画像のメダカは雲州三色から生まれてくる紅白タイプです。

  とても魅力的だと思います。


31-3-3


31-2-2


 当店では上の1ペアを親メダカとして採卵育種した個体を販売させていただきました。